nashibookcafe-Diary

~多読で読んだ洋書の記録~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よければポチッとお願いします♪
このページのトップへ
Five Children and It (Oxford Bookworms Library)Five Children and It
OBW2

Robertたち5人兄妹は両親と共に引っ越してきた。
家の側にはくぼみがあったそこには砂しか無かったのだが、ある日くぼみで遊んでいた5人は変な生き物を見つける。
「それ(Psammeads)」は願いを叶えてくれると言うのだが…?


「砂の妖精」という邦題の古典のようです。
邦訳でも読んだことありませんでした。
古典らしく、古い田舎が舞台になっています。ちょっと教訓的かなぁ。

色々なお願い事をして、ちゃんと叶えて貰うんですが、子供の考える願い事、後先考えないので色々と不都合が起こったりトラブルが起きたり。
そういう内容です。

子供の頃に邦訳を読んでいたらもっと楽しく読めたんだろうなとは思いましたが、どうも、この手の古典は苦手みたいです。^^;
スポンサーサイト


よければポチッとお願いします♪
このページのトップへ

コメント

おおなつかしい!

「砂の妖精」ですね。子どもの頃に邦訳で読みましたが、The Story of the Treasure Seekersといい、Railway Childrenといい、Nesbitの書くものは素直に受け取れないものが多いです(^-^;

この作品は、確かアニメにもなっていたんですよ。「お願い、サミアどん」とかいうタイトルだったと思います。

  • 2007/07/08(日) 15:23:25 |
  • URL |
  • 早美 #-
  • [編集]

そ、そうだったのかっっ。。。

早美さん、こんにちは。
邦訳読まれたんですね~。アニメもあったとは知りませんでした。

The Story of the Treasure Seekersも、Railway Childrenもイマイチ楽しめなかったので、こういう古典は苦手なのかなぁと思っていたのですが、Five Children and Itも含めて同じ作者でしたか……。
ちょっと納得しました。^^;

  • 2007/07/09(月) 15:59:10 |
  • URL |
  • 澄梨 #1ysID9Ow
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

澄梨(とうり)
  • Author: 澄梨(とうり)
  • 現在2~3レベル
    200万語♪

    読んだ日付で書いてるから書くのは大体数日遅れ。(笑)

Search

Calendar

06月 « 2018年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

リンクに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。